ここでは

はり灸6大疾患

について解説します。

1.はり灸6大疾患とは?

 

医師の同意のもと、

健康保険を使って治療できる6つの疾患です。

①神経痛(頭、顔、胸、腕、足などの痛み)

②頸肩腕症候群(首、肩、腕の痛みやしびれ)

③五十肩(肩が痛くて腕が挙がらない)

④腰痛症

⑤頸椎捻挫後遺症(むち打ち症など)

⑥リウマチ(関節の変形による痛み)

です。

それ以外でも、

⑦その他

として、変形性膝関節症や変形性股関節症などが

健康保険適応となることがあります。

上記の6大疾患(その他)は大まかに言うと、

・慢性的な痛み

・慢性的な神経症状(しびれなどの感覚の異常)

を症状とするものです。

その為、

どんな基礎疾患(持病)をお持ちであっても、

慢性的な痛みや感覚の異常などの症状がある場合は、

健康保険の適応になることがあります。

詳しくはお気軽にご相談下さい。

2.慢性的な症状の原因は?

 

主に、

・神経系(脳、脊髄、末梢神経)の異常

・関節、もしくは関節周囲組織の変性(骨の変形、椎間板のすり減りなど)

・慢性的な炎症

などが組み合わさって起きていることによって症状が出ると考えられます。

病気名の例を出すと、

頸部椎間板ヘルニア(→神経痛or頸腕症候群)

後縦靭帯骨化症(→神経痛or頸腕症候群)

脊柱管狭窄症(→腰痛症)

腰部椎間板ヘルニア(→腰痛症)

骨粗鬆症(→腰痛症)

肩関節周囲炎(→五十肩)

リウマチ

などです。

3.どうやって治療するの?

 

慢性的な痛みやしびれなどの感覚の異常を軽減する為の、

対症療法がメインになりますが、

それだけでは改善が見込めない、

改善しきらないケースも多いので、

症状を引き起こす可能性のある不良姿勢を改善することや、

関節や筋肉の機能を高めることもねらっていきます

使う治療法は主に、

①はり

②灸

③運動療法

④手技療法

です。

3-1.はり

慢性的な痛みに対して非常に効果の高い治療法。

感覚の異常に対しても効果を見込めます(自律神経も調整します)。

筋肉の緊張をとることで関節の動きを引き出したり、

筋肉の働きを高めます。

また、免疫力も引き出すことで自己治癒力を高めてくれます。

3-2.灸

お灸の熱で温めることで、

血液循環を良くして痛みを軽減したり、

筋肉の硬さをとってくれます。

また、

ヒートショックプロテイン

の産生を高めて代謝を良くしてくれます。

心地よいくらいの熱さがおススメです。

3-3.運動療法

良い姿勢を維持するため、

関節の位置関係(アライメント)を整える為に、

必要な筋肉を鍛えます。

また、筋肉の収縮により血液循環の改善が見込める為、

痛みの軽減、柔軟性の向上にも効果があります。

加えて、運動によって脳細胞も活性しますので、

認知機能低下の予防にも効果は高いです

鍼と運動療法の組み合わせは、非常に相性が良いです。

3-4.手技療法

①ストレッチ

②神経筋促通法

③関節モビライゼーション

④SJF

⑤筋膜リリース

を症状に合わせて、

組み合わせて使っていきます。

特に、はり相性がいいのが筋膜リリースで、

はり刺激によって筋膜リリースの効果はさらに高まります。