こんな症状で困っていませんか?

・指の付け根あたりが痛い

・指の付け根あたりにしこりのようなものがある

・指の曲げ伸ばしがしづらい

・指の曲げ伸ばしをすると引っ掛かる感じがする

 

ばね指は文字通り、指の痛みを引き起こしますが、

人間は指を使うことが多い為、

長引くことが多々あります。

 

そして、症状が長引いて慢性化することで、

指以外の部分にも影響が出て、

他の部位も痛くなることがあります。

 

その為、ばね指の改善には

指だけでなく全身の状態をチェックしていく必要があります。

 

ばね指改善のポイント

ばね指改善の為には、痛みそのものを取り除くことも大切ですが、

そもそもの原因、ばね指を引き起こした原因に

アプローチする必要があります。

 

ばね指は単純に指の使いすぎても引き起こされる症状ですが、

実は指の使い方によっても起きますし、

肘や肩、しいては姿勢の影響も受けてばね指になることがあります。

 

ばね指は長引くことが多いですが、

それは指だけを診ていては足りないということを示しています。

 

青葦(あおい)治療院・整体院では

指を中心に姿勢などの身体全体のバランスを考えて

治療・再発防止をしていきます。

 

よく有るばね指の処置

病院などを受診するとおおよそ

・痛み止めを処方される

・オペをすすめられる

といった選択肢が提案されると思います。

 

薬もオペももちろん効果はありますが、

オペをしたとしても再発することもしばしばです。

 

ばね指への施術

長引きやすいばね指ですが、

ばね指に対する施術は

指を中心として、その指に関係の深い部位を

まとめて治療することです。

 

ばね指になっている指を流れる気の流れ、経絡上の

鍼治療などで刺激することや、

筋膜・筋肉のつながりを考えて、

肘・肩・背中~と姿勢を狂わせている部位にも

鍼治療や整体で手を加えていきます。

 

施術で改善したとしても

再発の可能性も残りますので、

再発予防の指導もしつつ施術をすすめていきます。