アトピー性皮膚炎と鍼灸【一宮市の鍼灸院】

アトピー性皮膚炎と鍼灸【一宮市の鍼灸院】

愛知県一宮市の青葦【あおい】治療院・整体院

*加藤のプロフィールはこちら

一宮・稲沢の訪問マッサージ・訪問鍼灸ご相談はこちらまで

 

よく診る皮膚トラブルの一つ

・アトピー性皮膚炎

一般的な治療法は、ステロイドなどによる炎症抑制ですが、鍼灸治療も試してみる価値があると思います。

■□ アトピー性皮膚炎と鍼灸 □■

治療の難しい病気によくある原因の一つが

・免疫異常

本来であれば、自分の身を守るために働く免疫が、何かしらの原因で自分の身まで攻撃してしまう。

アトピー性皮膚炎にもそういう性質があります。

自分を攻撃しているのも『自分(自己免疫)』という、やっかいな状況です。

自分を攻撃している『自分』を攻撃(排除)するわけにもいきません。

なぜなら、それも自分だからです。

抗がん剤を使うことで出る副作用は、自分の免疫(白血球)を攻撃しているからですが、それも結局『自分(正常な部分も含めた)』を攻撃していることになるからです。

自分(自己の免疫)を攻撃せずに、免疫の働きを整える、それができればアトピー性皮膚炎などの症状の改善が期待できそうです。

そして、その為の手段の一つが鍼灸治療です。

鍼灸の効果には

・炎症を抑える(免疫の働きを抑える)

といったものがあります。

その効果を利用することで、アトピー性皮膚炎の治療に取り組んでいきます。

 

■□ アトピー性皮膚炎と炎症 □■

鍼灸治療が過度な炎症反応(免疫異常)を抑える機序は、鍼治療で考えると

鍼が身体に小さな傷をつける⇒その傷に対して免疫が反応する(炎症)⇒その傷に対して炎症を起こすエネルギーが使われることで、過度になっていた炎症反応が抑えられる

といったものが想像できます。

過度な炎症反応が起きないように、そもそも炎症反応を起こすためのエネルギーを、鍼で身体につけた傷の修復(炎症)に使わせるような形です。

この場合の炎症と、アトピー性皮膚炎で皮膚に起こっている炎症は別物です。

『身体の傷を治すための炎症』と『免疫が異常に働いて起こる炎症』です。

その違いを利用して、炎症反応を相殺させて、免疫の働きを整えます。

 

■□ アトピー性皮膚炎とストレス(自律神経) □■

アトピー性皮膚炎にはストレスも関係してきます。

『ストレスが原因』というのも、治療の難しい病気にはよく見られます。

過度なストレスがかかると自律神経の働きが乱れます。

乱れた自律神経はホルモンのバランスを崩します。

その中でも炎症反応に大きく関わっているのが、

・コルチゾール

通称、ストレスホルモンとも呼ばれます。

コルチゾールの血中濃度が上がると、炎症反応が強くなります。

つまり、アトピー性皮膚炎には好くないということです。

過度なストレスをうまく処理する、逃れることもアトピー性皮膚炎には必要です。

 

友だち追加
↑↑ LINE@はこちら ↑↑

 

↑↑↑ お問い合わせはこちらから ↑↑↑