デスクワークと鍼(はり)灸 ~目・首・肩に効く~

デスクワーク 鍼灸

愛知県一宮市の青葦【あおい】治療院・整体院

院長の加藤です。

*加藤のプロフィールはこちら

 

現代社会の仕事のほどんどには

パソコンが使われることもあって、

デスクワークが中心の方も少なくありません。

そして、デスクワークによって、

目や首、肩などに症状を訴える方は

非常に沢山います。

1.鍼灸は目に効く

 

デスクワークはもちろんですが、

現代社会は目を酷使します。

眼精疲労、近視、乱視、

ドライアイ、群発性頭痛(眼の奥が痛む)、

など様々な症状を持った方がいます。

 

上記の症状には

鍼灸治療が効果的です。

目の周辺のツボや、

首、背中、手首にある、

目と気の流れがつながっているツボを使っていきます。

特に目の周りにはツボは

眼球の動きを司る外眼筋の作用によって

発生する張力(テンション)が集中する場所にもなるので、

目の症状には効果が見込めます。

目の局所的治療と

目に関係するツボをねらった遠隔治療を組み合わせると

より効果的な治療になります。

 

2.鍼灸は首に効く

 

目の症状は多いですが、

それに伴って首の症状を訴える方も多いです。

目との気の流れのつながりもありますが、

首の筋肉には目の動きと連動して

使われるものもあるからです。

後頭下筋群

という筋肉たちです。

その他の首の筋肉も

視線の位置を保つ為に、

首や頭の角度の調整に活躍しているので、

やはり目をよく使うということは、

首にも大きな影響を与えるということです。

 

首の痛みや凝り、動きの悪さが出ている場合には、

まず、首の前側(前頸部)をねらいます。

首に症状を持っている方は、

おおよそ前頸部の筋肉が悪くなっているからです。

前頸部の筋肉は呼吸にも関係しており、

デスクワークでパソコンの画面に集中している際、

呼吸が浅くなり、腹式呼吸が上手くできていない、

といった可能性も考慮します。

 

首の治療では、

痛みのある場所、凝りのある場所に

しっかり鍼灸治療を行いますが、

それに加えて、前頸部に対しても治療し、

首の前と後ろのバランスを整えると、

首の症状には効果的です。

 

3.鍼灸は肩に効く

 

目、首とくれば、

当然、肩にも症状が出ると思います。

デスクワークでは目も酷使しますが、

腕(手)も同様に酷使するからです。

腕は肩とつながっています。

デスクワークでは腕を挙上する動きが多発するので、

その度に肩周辺の筋肉は

関節の位置を固定したり、

腕が灸に下がらないように

頑張ってくれています。

頑張り過ぎてしまいます。

 

肩の治療では、

前胸部がポイントになります。

デスクワークでは

腕が身体の内側に寄るので、

前胸部の筋肉(大胸筋小胸筋)が

縮こまってしまいます。

その結果、肩と腕の位置関係が悪くなり、

より肩に負担のかかる状況になります。

 

前胸部に鍼灸治療を施しつつ、

気の流れがつながっている、

お腹や脇にも治療を施します。

特にお腹は関係ないように見えるかもしれませんが、

デスクワークでは身体が前傾姿勢になり

お腹の筋肉が縮みやすいです。

また、縮んだお腹の筋肉は、

筋膜のつがなりから見ても、

肩の位置をくるわせます。

 

肩と一緒にお腹も治療することが

肩の治療に相乗効果をもたらします。

 

一宮・稲沢の訪問マッサージ・訪問鍼灸

ご相談はこちらまで

 

↑↑↑ お問い合わせはこちらから ↑↑↑

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。