eスポーツと鍼灸【名古屋・一宮・岐阜】

eスポーツと鍼灸 眼精疲労

目などの神経系を酷使するスポーツに有効

一宮市の青葦治療院、加藤です。

鍼灸は眼精疲労など目の症状に効果を期待できます。

目を酷使するのはパソコンを使った仕事などたくさんあって、目の疲れなどで悩んでいる人は多いと思います。

そして、さらに目を酷使している方もいると思っていて、それが

・eスポーツ

をやっている方だと思っています。

目の機能と脳をフル稼働するeスポーツ

eスポーツはゲームでのスポーツなので、とにかく

・目を酷使する

ことになります。

なので、

・強度の眼精疲労

は常につきまとう形になります。

あとは目の神経もそうなのですが、競技中、練習中は反射的に動けるように構えて、反射的に動くというのを繰り返すことになるので、全身の緊張も過剰になりがちです。

元々人間の感覚情報は視覚に大きく依存しており、その視覚情報に対応して動く、といった形で活動しがちです。

視覚の過剰な使用が全身に及ぶ、というのは重要な考え方です。

なので、身体のケアは目以外にもしていく必要があります。

まずは目のケアを

とはいえ、やはり目の症状を緩和することを中心に考えて施術する必要はあると思います。

単純に一番負担がかかる部分ですので。

・目の周り

・後頭部の筋肉

・頭蓋仙骨リズム

・前頸部の筋肉

を整えて目に効かせます。

目の周辺が緩むことで目自体がリラックス状態に誘導されますし、後頭部の筋肉は目の動きに追従して使われることが多いです。

頭蓋仙骨リズムが整うと、目の容れ物である眼窩に良い影響が出るので、そこに収まる眼球にも良い状況になります。

頭部から脊柱、仙骨への流れ

あとは、そこから下に下がり、背骨を整えていくとさらに効果的です。

頭部の土台は背骨、仙骨で、土台が整えばそこに乗っかっているものも安定します。

さらに、背骨と腕や脚の連動もeスポーツには重要ですので、背骨を整えることは外せないです。

目を酷使しがちな現代生活ですが、eスポーツではさらに酷使することになり、それに伴う全身の過度の緊張が引き起こされるので、身体のケアはなおさら外せないと思います。

  

ネット予約はこちら

 

↑↑↑ お問い合わせはこちらから ↑↑↑