五十肩(四十肩)鍼灸・整体治療

一宮市の五十肩の鍼灸治療は青葦治療院へ

腕が挙がらない、寝る時も痛い、安静にしても痛い

五十肩や四十肩は

・突然肩が痛くなる

・痛みで腕が挙がらない(動かせない)

・じっとしていても痛い(安静時痛、夜間痛)

・痛みが治まっても肩の動きが戻らない

といった症状が特徴です。

 

中でも特に、安静時痛や夜間痛があることで

痛みが常にある状況に悩まされることになります。

また、痛みが治まったとしても今度は肩の動きが戻らず、

着替えなど日常生活に差し支えがでることもあります。

 

鍼灸で炎症の鎮静化+代謝(免疫)活性化

突然の肩の痛みであれば、炎症反応が強く起きていると思われますし、

痛みが引いた後の動きの悪さが残存しているケースは、

炎症の残りカスが代謝(免疫)機能でターンオーバーされていないと考えれます。

 

五十肩治療のポイントはその

・炎症反応

・炎症反応後の代謝不全

をいかに解消するかになってきます。

 

五十肩の鍼灸治療は、上の二つのポイントの改善が期待できます。

・抗炎症作用

・代謝(免疫)活性

の効果が見込めるからです。

 

それが五十肩に鍼灸治療をオススメする理由です。

 

さらに手技整体を加えて関節運動を高める

五十肩の後遺症では、炎症反応が強かった時のまま

肩や肩甲骨の動きが悪くなった状態でキープされてしまうことが多々見られます。

 

そこでさらに、肩や肩甲骨に整体施術を加えることで、

関節の動きを引き出しつつ、代謝機能も一緒に刺激することができます。

 

あとはそれを繰り返していくことで、少しずつ元の状態まで

肩の状態を引き上げていきます。

※炎症後に固まってしまった組織のターンオーバーには時間がかかりますので、

 継続して治療していく必要があります。

  

五十肩の痛みが引いたとしても、

肩周りの動きが戻っていないケースは非常に多く、

動きの悪さが日常生活でのストレスになります。

 

放っておいて良くなるものでもないので、

軽く考えずに直していくことをオススメします。

 

⇑⇑⇑
LINE公式アカウントからもご予約・ご相談受け付けています

 

↑↑↑ お問い合わせはこちらから ↑↑↑