【不妊症】と鍼灸治療 【一宮市の鍼灸院】

鍼灸治療で不妊症が改善し妊娠した女性

愛知県一宮市の青葦【あおい】治療院・整体院

*加藤のプロフィールはこちら

一宮・稲沢の訪問マッサージ・訪問鍼灸ご相談はこちらまで

 

男性も関係していきますが、

特に女性の方は不妊症でお困りの方がいると思いますが、

この不妊症には鍼灸治療も選択肢の一つにいれて欲しいと思っています。

鍼灸で子宮の働きを助ける

不妊症は男性が治療を必要とするケースもありますが、

ここでは女性の不妊症について説明していきます。

不妊症とは一言でいうなら妊娠しにくい状態です。

ではなぜ妊娠にくくなるのか。

それは子宮の機能が低下しているから。

ではなぜ子宮の機能が低下するのか。

それはおおよそ冷えが大きな原因と考えられます。

そしてなぜ冷えやすいのか。

それは腰とお腹の状態が良くないからです。

これは生理痛で悩まれている女性もそうなのですが、

身体を触ると腰とお腹の状態がわるいか、

腰とお腹の筋肉のはりなどのバランスが悪いことがほとんどです。

これは子宮の周囲の組織の状態が悪く、

子宮の働きを阻害しているということになります。

つまり、子宮を囲っている腰やお腹の状態を良くすれば

自然と子宮の働きも整い妊娠しやすい身体になる、

ということです。

不妊症の鍼灸治療

鍼灸治療で不妊症に効くツボ、経穴

鍼治療ではまず腰とお腹の固くなっている部分に

鍼をしていきます。

お灸も効果的ですが、温めるということならセルフケアでも

十分可能なので、

治療院では鍼治療を中心に行います。

鍼を打つことで筋肉は柔らかくなり血流も良くなります。

また代謝や免疫も活性化します。

東洋医学的には気血の流れが整うと表現されます。

その結果が冷えの解消になり

子宮自体も冷えから逃れられます。

鍼治療のイメージとしては

鍼を打つことで気血の流れが加速し、

加速した気血が身体に熱を発生させる、

そんな感じに捉えてもらうといいかもしれません。

腰部や腹部以外ですと

足の方にも婦人科疾患に効くツボがあるので

そこにも鍼灸治療を施します。

足にある三陰交という不妊症に効くツボ/経穴

不妊症に冷えは厳禁

不妊症もそうですが、

身体の機能はある程度の熱がないと

その機能を十分に発揮できません。

身近なものでいうと

風邪の際の発熱です。

あの発熱は風邪のウィルスをやっつける為に、

体温をあげているのです。

体温をあげることで免疫は活発化します。

といったように熱というものは

身体にとってとても重要な要素になります。

鍼治療は身体の冷えを改善し

妊娠しやすい身体づくりのチカラになれます。

不妊症などでお悩みの方は一度

鍼灸治療をお試しください。

↑↑↑ お問い合わせはこちらから ↑↑↑

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。