腰痛が良くなった方の症例…1【一宮市の鍼灸院 青葦】

一宮市の青葦治療院の腰痛の鍼症例

愛知県一宮市の鍼灸院、青葦(あおい)治療院です。

今回は、鍼治療(+整体)で腰痛が良くなった方の状況を簡単に紹介したいと思います。

腰痛で悩んでいる方、参考にしていただけると幸いです。

寝ている時も腰が痛くて寝れない

・Aさん 男性 40代

・5年来の腰痛

・最近、重いものを持った時にぎっくり腰に

・それ以来腰痛が引かない

・寝ている時も痛くて寝れない時がある

といった状況の患者さんのお話です。

ポイントはぎっくり腰だとしたら放っておいたとしても1週間くらいで痛みは引くことが多いのが、それ以降もずっと痛いというところです。

そして、寝ていても痛くて睡眠がとれず、余計に腰の痛みが引かないという悪循環です。

腰痛の原因を探ることも大事ですが、とにかく痛みをとることが最優先な状態でした。

腰痛には鍼がオススメ

腰痛を始めとした痛みには鍼治療の効果が期待できます。

実際に治療院に来る患者さんには、腰痛の患者さんが多く鍼が効いたという方が多いです。

腰のツボですと

・腎兪

・大腸兪

・志室

など腰痛によく使うものも多いのですが、腰痛に関しては筋肉に狙いを定めた方が効果的なケースが多いです。

※あくまで私見ですが。

中でも

・大腰筋(腸腰筋)

が一番重要です。

背中側から鍼をした場合、一番深いところにある筋肉なのですが、この筋肉が腰痛改善のポイントです。

股関節の動きにも関与し、腰の背骨(腰椎)のカーブをコントロールする筋肉の一つなので、骨盤のコントロールに大きな影響を与えます。

骨盤のコントロールがうまく出来ていないと、そこに乗っかっている重たい体幹部(内臓やらつまっていますので)のコントロールもうまく出来ないことになります。

身体を動かすうえで、重さという要因は重要なのは体重が増えると腰痛や膝痛が増えることからも分かると思います。

その辺りに関連する筋肉に鍼をすることで

・筋肉が刺激され活性化する

・痛みは軽減する

・骨盤、股関節の動きが整う

といったことになり、腰痛が改善しました。

VASでいうと、10→2

改善にかかった回数は、3回でした。

※回数は個人差があります。

鍼は深いところまで刺すので響きも強い

腰痛改善のポイントに大腰筋があると言いましたが、深いところにある筋肉なので自然と鍼の深度も大きくなります。

そうなると、鍼による響き(得気、ズシンとする痛みのような感覚)も出やすく、強くなりやすくなります。

鍼に対して怖さなどを感じる方も多いので、受けると緊張するとは思いますが、大腰筋はしっかり狙っておいた方がいいので、なんとか鍼を打たせてもらいたいところです。

腰痛でお悩みの方、鍼を試してみるといいかと思います。

お気軽にご相談ください。

↑↑↑ お問い合わせはこちらから ↑↑↑