美容鍼が流行っている理由【一宮市の鍼灸院・青葦】

美容鍼は流行っている理由

美容鍼が流行る理由

愛知県一宮市の鍼灸院、青葦治療院・整体院です。

今回は業界事情を少しお話してみようかと。

※業界の人でなくとも、よくよく考えたらそうか、という内容ではありますが。業界否定をしたいわけでもなく、暴露をしたいわけでもないというのが大前提のお話です。

誤解のないよう、ぜひ最後まで読んでいただきたいです。

鍼灸業界の流行は?なぜ流行っているのか?

鍼灸の業界で一番流行っているのは何かというと

【美容鍼(美顔鍼)】

なんですね。

この美容鍼がなぜ一番流行っているかというと、単純に美容鍼を推している店が多いから。

では、なぜ美容鍼を推す店が多いのかというと

【収益をあげやすいから(儲かるから)】

です。

さらに、なぜ収益をあげやすいかというと

【治療ではないから】

なんですね。

逆に言うと、治療目的で行う鍼灸などの治療は収益が上がりにくい、または収益が安定しにくいです。

なぜかというと『治ったらそれ以上患者さんは通院しない』からですね。

極端に考えると、あらゆる病気やケガを一回の治療で治せる治療家が一回5000円の治療をしていた場合。

1日4人診たとして、月に来院数100。

5000×100=500,000円、でそこだけ見ると十分収益上がってるじゃん、となりますが、その月に来た患者さんはしばらく通院することはありません(一回で治せる治療家という前提なので)。

そして、来院される地域の人全員が病気やケガをしているわけではないですし、鍼灸院自体もたくさんありますし、家から距離があるほど来院する可能性は少なくなります。

その次月に来院する患者さんはどれだけ来るのか、計算は難しいでしょう。

なので、治療院の収益が不安定になりやすいんですね。

患者さんが少ないことはある意味、良いことではあるのですが、収益をあげ続けないと事業の継続は不可能です。

破綻します。

でも、美容鍼はそうではないんですね。

美容鍼は治療ではないからです。

美容鍼の目的は【スキンケア】です。

スキンケアは治療と違って、基本的に終わりがないです。

女性の方(最近は男性もですが)は毎日、化粧水をつけ、乳液をつけ、日焼け止めをつけ、とやっていますよね。

ここまでスキンケアをしたら、もうやらなくていい、ということにはなりません。

つまり、スキンケア目的の美容鍼を利用する患者さんというのは、一度通院を決めるとある程度継続的に来院されることになります。

ネットフリックスなどのサブスクリプションのような継続した収益モデルのような、継続利用されやすい美容鍼で収益を安定させたいわけです。

だから、多くの鍼灸院は美容鍼を推したいんですね。

医療でも利益は必要

お金の話になってくると、特に医療関係の事業においては悪いことをしているように思われることが少なくないですが、それに関しては理解していただくしかないと思っています。

先ほども言ったように、収益があがらないと潰れてしまいますので。

加えて、収益が上がりやすいから美容鍼を推しているとはいっても、それを利用したいと自身で希望する患者さんがたくさんいるのもまた事実です。

ここで書いたことは、冒頭で書いたように『よくよく考えれば分かること』ではあるので、気づいている方もいるとは思います。

そういったことが分かってくると、一回10000円とか20000円する治療があってもおかしくないというのも分かってきます。

効果が期待できるのであれば、少ない回数で治療は終わる。

治療が終わればしばらくその患者さんは来ない。

収益は安定しないが、患者さんは良くなるから役目は十分果たしている、患者さんにとって必要な鍼灸院だ、といった感じになるのかなと思います。

そんな鍼灸院だったら潰れてしまっては困るので、料金が高いのも仕方ないということです。

ここまで読んでいただけたら、誤解はあまりされないかと思いますが、どうでしょうか。

流行っているのには理由があるし、推したいのにも理由がある。

そして、料金が高いとしても理由がある、といったことを分かった上で鍼灸院選びをするといいんじゃないでしょうかと、こんなお話をしてみました。

少しでも参考になれば幸いです。

↑↑↑ お問い合わせはこちらから ↑↑↑