基本に立ち返って治療・施術を考える① 【鍼・整体】

カトウ治療院 一宮 稲沢 整体院 鍼 灸 構造 機能 力学

 

愛知県一宮市の青葦【あおい】治療院・整体院

院長の加藤です。

 

店舗の治療、施術スタイルを構築する上で

今一度、基本的なことに立ちかえることが

多くなった今日この頃です。

 

加藤の治療観やスタイルに

興味のある方は読んでみて下さいね。

 

治療・施術における柱となるものがあるとしたら

それは何か、と考えてみると

三つ思い浮かびました。

 

1.人体の構造

2.人体の機能

3.力学

 

の三つです。

*東洋医学も取り入れて考えると

 気血の流れ、もありですが、

 加藤的には気血の流れも

 上記の三つに帰結するのではないかと

 思うことがあります。

 

この中で一つ、

構造について話してみます。

 

構造というのは、

身体はそもそもどんな成分、材料でできているのか、

その成分、材料の性質はどんなものか、

といった細かいところまでを含めて

構造です。

 

例えば、細胞の構造を考えた時、

一般的にはあまり知られていないようですが、

細胞の外壁(細胞膜)には脂質が含まれています。

 

ということは、細胞がその構造を維持するためには

脂質(脂質)が必要だということです。

 

つまり、身体の構造を考えた場合、

食事において脂質(脂肪)は

摂らなくてはいけないもの、

ということが分かります。

*ダイエットで極端に脂質の摂取を減らすと

 人体の構造的には危ないですね。

 

人体の構造を知るということは、

食事療法や運動療法などにも

非常に応用が効きます。

 

ただ、人体の構造を知る勉強は

非常に地味です(笑)

 

人体に豊富に存在する

一般的にもよく知られた

コラーゲン線維に関しても

何種類かに分かれますし、

その種類によって

強度や代謝、人体での分布などが

違ってきます。

 

ハッキリ言って、

ただただ暗記しようとすると

苦痛でしかありません(笑)

 

 

だからといって、

そこまで覚えなくても別にいいだろう、

と結論付けてしまうと

もったいないことになります。

 

例えば、ケガをして

身体のある部位のコラーゲン線維が

一部切れてしまったとします。

 

その時、その部位に存在する

コラーゲン線維の種類が分かっていると、

代謝の速度もある程度決まっているので、

切れたコラーゲン線維が治るまでに必要な時間もわかります。

 

治るまでの時間の目安があれば、

どれくらいまで固定するか、

どれくらいから運動できるか、

などの見通しも立ちます。

 

人体の構造を知るという

非常に地味で地道な勉強は

確かに患者さんの為に生きてくる、

価値のある勉強になります。

 

基本的なことですが、

改めて治療・施術を考えてみると

やはり基本こそ大事だということが分かります。

 

何か治療・施術で分からないことがあった時、

人体の構造という基本的な要素を

考え直すことが、

より良い治療・施術を提供するヒントです。

 

 

一宮・稲沢の訪問マッサージ・訪問鍼灸

ご相談はこちらまで

お問い合わせ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です