小児からの訪問マッサージ・はり灸

愛知県一宮市の青葦【あおい】治療院・整体院

院長の加藤です。

*加藤のプロフィールはこちら

 

訪問マッサージ・はり灸と聞くと、高齢者の方がよく使われているイメージがありますが、

実は、小児の方から使うことができます。

筋麻痺、関節拘縮、神経痛などの慢性症状があり、

歩行困難で一人で通院できない状況であれば、

年齢を問わずに利用することができます

1.小児の訪問マッサージ・はり灸

 

例えば、脳性麻痺の方や、筋ジストロフィーの方が利用することができます。

自力での歩行が困難であり、自分の足で病院に通えない、

ということが訪問マッサージ・はり灸の保険適応条件になりますので、

脳性麻痺や筋ジストロフィーの方は、筋肉や関節、運動のコントロールが難しくなり、

歩行困難の症状を引き起こし、 訪問マッサージ・はり灸が利用できます。

2.小児から若年層の在宅ケア

 

比較的年齢が若い方の訪問マッサージ・はり灸であっても、

高齢の方への施術と大きくは変わりません。

まず第一に

身体状況をできるだけ細かく把握する

ということです。

身体の状況がはっきりしないと、何をすれば改善するのか、

何が必要なのか、

そして、何をすると危険なのかのリスク管理ができないからです。

状況把握がしっかりできてれば、

身体の機能をよくする為のアイディアも出やすくなります。

あとは、疾患特有の症状に注意するということです。

例えば、脳性麻痺を患っている方は、

身体を自由に動かすことが困難です。

身体に備わっている原始的な反射

一つ一つの関節を分離して動かすのが苦手になっていますので、

それらの動きの統合を誘導できるように、

施術をすすめていく必要があります。

3.早い時期からやればやるほど効果が出る

 

高齢の方のケアでも同じなのですが、

特に小児の方のケアは早く始めれば始めるほど効果が出ます。

なぜかというと、

脳の神経ネットワークは若い時の方が変化しやすい

からです。

脳の可逆性が高い時期です。

脳性麻痺などの脳の損傷を受けてしまった症状では、

損傷した部位を補う為に、脳が身体の状況に合わせて変化します。

今の身体の状況に適応する、ということになりますが、

その変化を促すのに、脳が変化しやすい時期から刺激を入れたほうが

改善がみられやすいのです。

そして、早く始めればそれだけ将来的に、

身体のコンディションをより良い状態に保つことができます。

少しでもよい状況にもっていけるよう、

訪問マッサージ・はり灸はお手伝いすることができますので、

気になる方は、お気軽にご相談下さい。

 

一宮・稲沢の訪問マッサージ・訪問鍼灸

ご相談はこちらまで

 

お問い合わせ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です