筋ジストロフィーと訪問マッサージ・訪問はり灸

小児医療 筋ジストロフィー

愛知県一宮市の青葦【あおい】治療院・整体院

院長の加藤です。

*加藤のプロフィールはこちら

 

訪問マッサージ・訪問はり灸を利用される方の中には、

筋ジストロフィー

という疾患があります。

遺伝子の変異によって起きる

先天的な疾患です。

1.筋ジストロフィーの症状は?

 

筋ジストロフィーの症状は主に、

筋力低下とそれに伴う運動機能の低下

です。

原因としては、

遺伝子の異常によって、

正常な筋肉の細胞を作るのに必要な、

タンパク質

を作ることができなくなって

その結果、筋肉の構造が保てず、

筋肉が変性や壊死、委縮、脂肪化、線維化

してしまうからです。

 

筋ジストロフィーは、タイプが何種類もあり、

タイプごとに症状が違ってきますが、

全身に分布する筋肉に異常が発生することと、

そもそも身体の構造維持の為に必要な、

タンパク質

自体に異常が起こる為、

全身に症状が表れることもあります。

運動機能低下の症状としては、

身体が思い通りに動かなくなるのはもちろんですが、

呼吸機能の低下や、

心臓機能の低下(心臓も筋肉です)、

消化機能の低下

骨の代謝異常

視覚の異常

難聴

など様々な症状が併発します。

生命維持機能の重要性を考えるなら特に、

呼吸機能の低下と、

心臓機能の低下は、

リスクの高い症状と言えます。

2.筋ジストロフィーの寝たきり予防

 

筋ジストロフィーは先天的疾患であり、

小児から予防的にケアをする必要があります。

運動機能の低下が起こり、

筋麻痺や、関節拘縮が引き起こされる可能性があるので、

訪問マッサージにて在宅でのケアをし、

運動機能の低下を予防する必要があります。

また、それに伴って腰痛神経痛もでる可能性もあるので、

その場合は訪問はり灸にて痛みを軽減できます。

身体のケアは、できるだけ早く始める方が

運動機能が維持されやすいです。

小児医療の一環として、

訪問マッサージ・訪問はり灸

というサービスがありますので、

少しでもよい状態にするためのケアをしていく為に、

また寝たきりを予防する為にも、

利用していただけるとよいと思います。

3.医学の進歩によって治療法が見つかる可能性も

 

現状では、筋ジストロフィーは難病に指定されており、

確かな治療法は見つかっていない状況です。

ですが、遺伝子の解析などの研究によって、

新しい薬の開発などもすすめられていますので、

この先の未来においては治療法が見つかる可能性もあります。

私たちセラピストには薬の開発や遺伝子の解析などはできませんが、

身体のケアをすることは可能です。

何ができるのか、何が必要なのか、

それらをもとに在宅でのケアを考えます。

運動機能の低下、

それに伴う筋麻痺、関節拘縮、神経痛などの症状には、

訪問マッサージ・訪問はり灸で対応できますので、

受けてみたい、と思われた方は、

お問い合わせください。

無料お試し体験も随時受け付けています。

 

一宮・稲沢の訪問マッサージ・訪問鍼灸

ご相談はこちらまで

 

お問い合わせ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です