出張マッサージ・鍼・灸×自費治療~点と面で治療~

自費治療 鍼 マッサージ 点 面

愛知県一宮市の青葦【あおい】治療院・整体院

院長の加藤です。

*加藤のプロフィールはこちら

 

治療における選択肢、アイディアというものは、

非常に多様なので、

何を選ぶのか、ということに関しては

その治療家、セラピストのセンスによります。

加藤は鍼(はり)をメインで使っていますが、

マッサージなどの手技療法も併用しますので、

少し紹介したいと思います。

1.鍼(はり)で点をねらう

 

治療におけるポイントの一つとして、

どこがその症状の原因となる場所か

というものがあります。

この原因となる場所を

ピンポイントでねらっていくのが

鍼(はり)

です(加藤はね)。

自費治療 鍼 マッサージ 点 面

点をねらう治療です。

例えば、

痛みがある点が一点に集中している場合や、

筋膜の高密度化が一点に集中して起きている場合、

その点に気血の流れの異常がはっきりと表れている

といった場合は、

点をねらう治療、鍼(はり)治療になります。

個人的には、

とても好きな治療の仕方ですが、

治療する場所を点で捉える為、

観察力や触診、身体状況の分析が

高い精度で備わっていないと

点をねらうのは難しいです。

いわゆるツボというものをねらうことが多いですが、

ツボにこだわらず、

ここに原因がある

と感じる場所があれば

その点をねらっていきます。

鍼(はり)が怖い人であれば、

母指などを使ってねらうのもありです。

2.手で面をねらう

 

点をねらう治療では、

より厳密な診断、評価が必要ですが、

実際に治療をすすめていくと、

ピンポイントではなく、

広い面をねらった方が

よい結果が出そうだなと思う時もあります。

面をねらう治療です。

面をねらう治療では

鍼(はり)はちょっと向きません。

*あくまで加藤の個人的な意見です。

面をねらうのであれば、

沢山の鍼(はり)を打って面をつくる必要があるからです。

そうなると、服を脱いで肌を露出させないと

いけない状況になることがありますので、

女性の方には少し難しいかもしれません。

そういった場合はを使って、

面をねらって治療していきます。

自費治療 鍼 マッサージ 点 面

例えばよく行う施術として、

太ももの外側の施術があります。

筋肉的には大腿筋膜張筋のあたりをねらうのですが、

この太ももの外側のラインは、

骨盤、股関節、膝をつないでいるので、

太ももの外側のラインを面でねらうと

腰痛に効果的です。

また、気の流れとしては

胃の気が流れているので、

食生活などが乱れている人が多い現代人には、

効果の高い場所でもあります。

 

身体を流れる気は、

ある一定のラインに沿って流れますので、

その流れに異常がある場合、

一点に治療を施すだけでなく、

ライン全体を面でねらうような治療は

気の流れを全体的によくするという意味でも、

非常に効果的です。

3.点と面を組み合わせる

 

点でねらう治療にも面でねらう治療にも

それぞれよいところがありますので、

どちらかだけにこだわらず、

良いとこ取りして施術するのが、

より効果的な治療につながります。

 

治療家、セラピストは、

どうしても職人気質なとこがあるので、

そこを自覚して、こだわりを捨てるのも

よりよい治療を提供するためには必要だと思っています。

 

一宮・稲沢の訪問マッサージ・訪問鍼灸

ご相談はこちらまで

 

お問い合わせ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です