腸内細菌と臭いと匂い 

腸内細菌 臭い 香り

愛知県一宮市の青葦【あおい】治療院・整体院

院長の加藤です。

*加藤のプロフィールはこちら

 

人間の身体に共生する腸内細菌は、

おおよそ3万種類、100~1000兆個

存在してますが、

その腸内細菌が作りだす成分には

面白い性質があります。

1.腸内細菌が出す有害物質?

 

腸内細菌には、

善玉菌悪玉菌

があります。

善玉菌というのは名前の通り

身体にとって善い働きをする菌で

悪玉菌というのは、

身体にとって悪い働きをする菌です。

*悪玉菌が常に悪い働きをするわけではないですが、

増えすぎると悪さをします

腸内環境が悪くなっているということは

悪玉菌が勢力を強めている状況といえます。

その際に腸内細菌は

身体にとって有害な物質を出すことがあります。

 

その腸内細菌が作り出す、

有害な成分として挙げられるのが

・インドール

・アミン

・スカトール

・フェノール

・アンモニア

・硫化水素

などです。

 

この中でも、

フェノール

という物質は

毒性腐食性があり、

劇物に指定されている物質です。

2.臭い?匂い?

 

腸内細菌が作り出す物質の中で

面白い性質をもつものがあります。

インドール

スカトール

です。

このインドールとスカトールは

大便臭(糞臭)の原因となる物質に含まれますが、

面白いことに濃度が低いと

花のような香りになり、

実際に花の香りの成分として存在しています。

香水などにも使われる成分です。

濃度が高くなると臭いが出て、

濃度が低くなると匂いが出る。

腸内環境が整っていると

インドールやスカトールなどの有害物質が少なくなるので、

排泄物もいい匂いがするんでしょうか…。

3.臭いも腸内細菌の状態を知るヒントになる

 

悪玉菌が善玉菌より優位になり

腸内環境が悪くなると

腸内細菌が出す有害物質の量が増える。

有害物質の量が増えると

排泄物の臭いが強くなる。

ということは、

排泄物の臭いが強くなっている場合、

腸内環境が悪くなっている可能性が

あるということになります。

現代でもそうですが、

昔から排泄物を見て

身体の状態を判断することもあります。

臭いをヒントに

身体の状態を知ることができるということを知っていると

体調の変化に気づきやすくなるかもしれないので、

一つの目安として参考にしてみて下さい。

 

一宮・稲沢の訪問マッサージ・訪問鍼灸

ご相談はこちらまで

 

↑↑↑ お問い合わせはこちらから ↑↑↑

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。