痛みはすべて悪なのか?

愛知県一宮市の青葦【あおい】治療院・整体院

院長の加藤です。*加藤のプロフィールはこちら

まずは基本的なとこからいきましょう。

治療を必要とされる方はそのほとんどが

痛み

を訴えられます。

『痛みは良くないもの』というふうに認識されがちですが、『全くの悪』というわけでもありません。

◆◇ 痛みの本質を理解する ◇◆

痛みがあるということはとても辛いことでもあります。

痛みがあるだけで日常生活を送ることが苦にもなりますし、痛みに対して憎しみや怒りを感じることもあると思います。

『痛みは悪だ』という考え方も生まれてきます。

ですが、「痛み」は本当に悪なのか、と疑ってみましょう。

◆◇ 痛みの意味とは ◇◆

そもそも痛みはなぜ出るのか。

それは

危険を知らせるため

です。

痛みによって不快な気持ちになったり、怖くなったりするのは、その痛みを与えているものに大して、警戒した方がいいよ、注意した方がいいよ、と身体に教えるためでもあります。

痛みを感じるからこそ、それを与えるものが危険だと理解できるのです。

危険なものを教えてくれる感覚が『痛み』。

だとすると

・痛みはいけないもの
・痛みは嫌なもの
・痛みは悪いもの

そういった考え方も正しいとは言えなくなってきますね。

◆◇ 認知行動療法 ◇◆

痛み自体は確かによいものではありませんが、身体からの『気遣い』だと捉えてみましょう。

痛みを知ることで他人に優しくなれる、という考えにも通ずるものがありますね。

何が痛いかを知ることが、何が危険なものかを知ることにつながり、結果的に生きる上での安全を確保することにつながります。

自分に優しくすることにもつながりますし、他人に優しくすることにもつながります。

また、痛みをどう認識(認知)するか、を変えることで、痛みそのものがなくなることもよく見られます。

『認知行動療法』とも言いますが、痛みに対する認知を変えることが、結果として腰痛などの痛みをなくす、という統計結果もあるくらいです。

痛みと向き合っていくことが結果的に、痛みを取り除くことにつながっていくんですね。

『痛いものはやっぱり痛い』ではありますが、捉え方を変えてるだけでも、痛みの感覚が変わるというのは面白いですね。

↑↑↑ お問い合わせはこちらから ↑↑↑