ランニング×マラソン×足の痛み【鍼・整体】

青葦治療院 整体 鍼灸 シンスプリント 疲労 骨折 捻挫 ランニング マラソン スポーツ障害 一宮 稲沢

愛知県一宮市の青葦【あおい】治療院・整体院

院長の加藤です。

 

およそ、どんなスポーツにも関係する

ランニング動作。

 

マラソンブームもありますが、

走るという動作には

足の痛みがつきまといます。

繰り返しの動作が痛みを引き起こす

ランニングにおけるスポーツ障害の

原因となりするのは

地面(床)への着地です。

 

そして、その着地が繰り返されることで

負担が蓄積され痛みを出します。

 

足の着地で荷重の負担がかかりやすいのは

・踵

・つちふまず(足底筋膜)

・第五中足骨底(足の小指側)

・後脛骨筋・腓骨筋

などです。

 

筋肉の痛みよりも

骨や関節

への負担がスポーツ障害として

慢性化しやすいようです。

 

運動効率を上げる

ランニング(走る)という

繰り返しの動作で

負担が蓄積されてしまうことは

やむを得ないことです。

 

なので、その一回一回の負担を減らすように

運動効率を上げる必要があります。

 

運動効率を上げる方法はいくつかありますが、

分かりやすいものだと

・可動域の悪い関節の可動性を上げる

・縦の動きを作り直す

 (膝の向き、足先の向きなどを改善し真っ直ぐ地面を蹴る)

・身体にかかる重力を利用する

などです。

 

ランニングフォームの改善には

時間がかかりますので、

少しずつ、ゆっくりと取り組む必要があります。

 

試合やレースの直前になってやるものではありませんね。

 

痛みをとるなら鍼治療

ランニング動作によって引き起こされる

慢性的な痛み。

 

この慢性的な痛みに対しては

鍼治療』が効果的です。

 

ただ、この場合の鍼治療は

関節や骨付近などをねらって打つ為、

痛みをともなってしまうことがあります。

 

ですが、鍼治療による痛みを差し引いても

ランニングによるスポーツ障害には

鍼治療をおススメしたいです。

 

速効性もありますし、

持続性もあります。

 

鍼治療による痛みは

その場限りのもので、

すぐにおさまりますので、

興味のある方、痛みに悩んでいる方は

一度試してみてほしいと思います。

 

一宮・稲沢の訪問マッサージ・訪問鍼灸

ご相談はこちらまで

お問い合わせ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です