ランニング×インソール×足底筋膜炎

インソール ランニング 足底筋膜炎 カトウ治療院

 

愛知県一宮市の青葦【あおい】治療院・整体院

院長の加藤です。

*加藤のプロフィールはこちら

 

加藤の趣味の一つの

ランニング

基本的なことですが、

ランニングが趣味の人、

好きな人には

インソール

がおススメです。

 

1.ランニングは土踏まずがツライ

 

ランニングの特徴として、

片脚に全体重がのる場面がある

ということが挙げられます。

 

前に踏み出した片脚の接地の場面です。

 

片脚での接地はその足の

土踏まず

に大きな負担がかかってしまいます。

*ほんの一瞬ですが。

 

一瞬ではあるものの、

ランニングではその負担が

繰り返し繰り返しかかることになるので、

土踏まずにかかる負担はとても大きなものになります。

 

その繰り返しの負担によって起こる症状の一つが

足底筋膜炎

です。

 

名前のとおり

足底(足の裏)の筋膜(薄い膜)の炎症

です。

 

ランニングをする人には

よく起きる症状なので、

足の裏が痛い時は

足底筋膜炎

を疑ってみた方がいいかもしれません。

 

2.土踏まずにインソール

 

ランニングでは足の裏に負担がかかりますが、

その負担を軽減してあげることが、

ランニングでのケガを減らしたり、

楽しくランニングを続けることにつながります。

 

では、どうすれば

足の裏にかかる負担を減らせるのか。

 

それは

インソール(足底板)

です。

 

インソール 足底板 足底筋膜炎

引用:http://www.leesfitness.com/jp/runner-insoles-review.html

 

こんな感じのやつです。

 

靴の中敷きがもっとしっかりしたやつ

といったイメージです。

 

このインソールは

足の土踏まずの負担を減らしてれたり、

足の形状が崩れないようにサポートしてくれる、

ランニングをする人の強い味方です。

 

このインソールを使うことで、

足底筋膜炎などの足のケガを減らし、

予防することができます。

 

スポーツショップなどの

シューズ売り場にはだいたい置いてあるので、

ランニングをする人は

ランニングシューズを買う時に

一緒に買うのがおススメです。

 

3.道具に頼ってランニング

 

インソールをすすめると

あまり気が乗らない人もいるみたいです。

 

道具に頼るのがイヤ、

といった心理もあるのでしょうか。

 

ですが、ランニングにおいて

土踏まずなど足の裏への負担を減らすことは、

タイムをのばしたり、

ケガを減らしたりする上では、

必須になってきます。

 

そもそもランニングシューズも

道具ですからね。

 

良い道具を使って、

パフォーマンスを上げる。

 

使えるものはしっかり使って、

ケガなく楽しくランニングをしましょう。

 

一宮・稲沢の訪問マッサージ・訪問鍼灸

ご相談はこちらまで

 

お問い合わせ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です