ここでは、

頸腕症候群(けいわんしょうこうぐん)

について解説します。

1.頸腕症候群とは?

首・肩・腕にかけて痛みやしびれ思い通り動かせないといった、
感覚障害・運動障害が起きるもの。
それに伴って、めまいや頭痛、耳鳴り、全身のだるさ、自律神経症状などが起きることもある。
また、その影響が脚などの全身に出ることもある。
加えて、その症状が慢性化したもの。

2.なぜ頸腕症候群になるの?

首・肩・腕にかけての異常によって引き起こされる。
例えば、

椎間板ヘルニア
変形性頸椎症
胸郭出口症候群
後縦靭帯骨化症

などの病気です。
痛みやしびれ、思い通り動かせないといった症状があることから、
神経系に何かしらの異常があることが考えられます。
ただ、原因がよく分からないケースも多々ありますが、
頸腕症候群の症状があれば、そのような診断を受けます。

3.どうやって治療するの?

対症療法が基本となります。
痛みがあれば痛みをとる、ないしは軽減する、
しびれがあれば、しびれを軽減する、
といった具合です。
血液循環の改善、筋肉の緊張を緩和をねらっていきます。
ただ、それだけでは改善しきらないケースが多いので、
姿勢やアライメント(関節、骨の位置関係)を修正することや、
関節の機能を高める方向で治療をすすめると改善がみられやすくなります。

使う治療法は主に、

①はり
②灸
③運動療法
④手技療法

3-1.はり

症状改善の為に一番使う治療法です。
はりの主な効果である、
痛みを軽減する
筋肉の緊張を軽減する
血液循環を良くする、
を目的に使います。

3-2.灸

お灸の温熱効果によって、
痛みの軽減、
筋肉の緊張を軽減する、
血液循環を良くする、
チネオールの作用によって炎症を抑える
を目的に使います。

3-3.運動療法

良い姿勢をための筋肉を強くするための運動や、
姿勢を修正すための運動、
を行い、姿勢や関節の機能、血液循環を良くしていきます。
原因となっていると考えられる、首・肩・腕・胸・背中をねらっていきます。

3-4.手技療法

頸腕症候群に対する手技療法としては、

①ストレッチ
②神経筋促通法
③関節モビライゼーション
④SJF
⑤筋膜リリース

を組み合わせて使います。