眼精疲労と鍼灸 ~東洋医学と筋膜~

眼精疲労 鍼 灸 東洋医学

愛知県一宮市の青葦【あおい】治療院・整体院

院長の加藤です。

*加藤のプロフィールはこちら

 

現代社会は、

目を非常によく使う生活を送ることになるので

目のトラブルが絶えません。

この目のトラブルには

(はり)灸治療も効果的です。

1.目とつながる気血の流れ

 

身体を流れる気血は、

目とつながっていることが少なくありません。

経絡で言うと、

膀胱経

胃経

胆経

三焦経

肝経

など、沢山の経絡が目と関係してきます。

そして、目の周辺には

目の症状に効くツボが沢山あります。

東洋医学的には、

それぞれの経絡に

内臓の働きが表れますが、

その働きを差し引いても、

経絡のつながりを利用した

鍼灸治療は

眼精疲労などの目の症状を

改善する力になれます。

2.筋膜から目の機能を考える

 

実は筋膜の観点から考えても

目の機能を改善させる方法は考えられます。

目の動きとしては主に(視線の動き)、

上方移動(筋膜的には後方移動)

下方移動(前方移動)

内方移動

外方移動

がありますが、

それぞれの動きに対して、

筋膜にテンションがかかる部位があります。

目を動かす筋肉(外眼筋)も

筋膜とつながっているので

そのつながっている部分のライン上に

特にテンションがかかりやすい場所ができます。

そのテンションがかかりやすい場所は、

実は目の周りのツボと似たような位置にあるという

事実もあるのです。

筋膜からみても東洋医学からみても

ツボや筋膜のテンションがかかりやすい場所に

鍼(はり)を打つことで

眼精疲労などの目の症状に効果をだすということは

十分可能です。

3.目と末端(手足)もつながっている

 

眼精疲労などの目の症状も含めてですが、

感覚器(視力、味覚、聴覚、平衡感覚など)の症状は

身体の末端である、手足にもその兆しが表れることがあります。

具体的には、手首、足首です。

眼精疲労などの目の症状に対しても、

目の周辺だけでなく、

末端の状態も調べて、

必要であれば治療を施します。

局所的な治療と

遠隔部からの治療を組み合わせることで

より効果的になります。

鍼(はり)治療がおススメですが、

鍼が怖い方はお灸もおススメです。

電気温灸器がありますので、

頭皮にも施術可能です。

熱刺激によっても

筋膜の状態は改善できますし、

気血の流れを整えることも可能です。

眼精疲労などの目の症状にも

改善の可能性はありますので、

あきらめずに治療してみましょう。

 

一宮・稲沢の訪問マッサージ・訪問鍼灸

ご相談はこちらまで

 

お問い合わせ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です