【難病】重症筋無力症と針灸

難病の重症筋無力症は首を痛める

愛知県一宮市の青葦【あおい】治療院・整体院

院長の加藤です。

*加藤のプロフィールはこちら

一宮・稲沢の訪問マッサージ・訪問鍼灸

ご相談はこちらまで


指定難病11

重症筋無力症。


重症筋無力症への針灸治療について考察していきます。

1、重症筋無力症とは?

重症筋無力症とは、

・自己免疫疾患

で、筋肉と神経のつなぎ目が自己の抗体によって

破壊されてしまう病気です。


男女比が1:7で女性に多い病気で

40代前後で発症するケースが多いようです。

病気の原因は未だによくわかっていませんが、

胸腺が何かしら関与していると思われます。

2、重症筋無力症の症状は?

重症筋無力症の症状は、

筋肉と神経のつなぎ目が障害されることから

・筋力低下(身体のどこにでも起こりうる)

・易疲労性(疲れやすい)

の症状が主となり、筋力低下のよくあるケースとして、

・まぶたが下がってしまう(眼瞼下垂)

・ものが二重に見えてしまう(複視)

・発語がうまくできない

・飲み込みが悪くなる(嚥下障害)

・呼吸がしにくくなる(呼吸障害)

などが挙げられます。


3、重症筋無力症の針灸治療

重症筋無力症に対して針灸治療で何ができるか考察してみます。

重症筋無力症の主な症状は筋肉に表れます。

筋肉の症状であれば、針灸で十分に対応可能です。


まず、針の効果によって筋肉の収縮を促すことができます。

そして、筋肉の緊張状態をととのえてくれるので、

筋収縮がしやすくなります。


また、針灸治療は免疫の働きを整えてくれます。

重症筋無力症などの自己免疫の過剰な反応を

落ち着かせる方向に促します。

花粉症などのアレルギー疾患にも効果があることからも分かります。


筋肉や免疫の働きを整えてくれる針灸治療、

まだ試していないようでしたら、一度お試しください。

お問い合わせ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です