寝たきりと重力

愛知県一宮市の青葦【あおい】治療院・整体院

院長の加藤です。

*加藤のプロフィールはこちら

 

訪問マッサージ、鍼灸は、

主に寝たきりや歩行困難の方が利用されます。

その中でも寝たきりの人についてですが、

健康な人と、ベッド上でほとんど生活している人の違いの一つに

重力の影響の違いがあります。

健康な人は寝ている時を除いて、

おおよそ直立二足歩行、立位、座位での生活になります。

わかりやすく立位(地面に真っすぐ立つ状態)で考えると、

重力は、頭の方向から足裏の方向に向かって加わります。

ところが、寝たきりの人は違います。

仰臥位(仰向け)の状態で考えると、

身体のお腹側から背中側に向かって重力が加わります。

1475425210378

こんな感じ。

この違い、実はかなり大きいのではないかと考えられます。

一日24時間、寝ている時間を6時間とするなら、

健康な人のほとんどの時間は、立位、座位の状態であり、

重力を頭から足のほうに受けている状況です。

そして、人間の身体はその重力に適応するように出来ています。

つまり、頭から足にむけて重力の影響を受けているのが普通なんです。

 

それが、寝たきりになると普通の状態から逸脱してしまいます。

もちろん、その状況に身体がさらに適応する可能性もあるとは思いますが、

寝たきりで体力が落ちている状態ではそれも難しいと思われます。

 

寝たきりの状態では、

お腹側から背中側にあらゆる組織(筋肉、内臓など)が重力によって引っ張られてしまっています。

なので、その引っ張られた組織たちを、引っ張り上げることが必要になってきます。

組織の位置関係をより正常な状態に近づけるわけです。

 

カトウ治療院では、このことを治療に活かし、

訪問マッサージにおいて重力の影響も考慮し、

寝たきりの患者さんには、組織を引っ張り上げるような手技もいれて施術しています。

少しでも状態が良くなるように、変化が起きるように、

心がけて治療しています。

 

訪問マッサージ・訪問はり灸の無料お試し体験は

随時受け付けていますので、

まずはお気軽にご相談下さい。

 

一宮・稲沢の訪問マッサージ・訪問鍼灸

ご相談はこちらまで

 

お問い合わせ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です