脊柱管狭窄症と訪問はり灸

はり 脊柱管狭窄症 腰痛 痺れ

愛知県一宮市の青葦【あおい】治療院・整体院

院長の加藤です。

*加藤のプロフィールはこちら

 

訪問はり灸の鍼灸保険適応疾患として

腰痛症

があります。

その腰痛症を引き起こすもののひとつとして

脊柱管狭窄症

についてのお話をしたいと思います。

1.脊柱管狭窄症とは?

 

脊柱管狭窄症とは、どんな病気か。

まず、症状として表れるのが、

腰痛

そこに加えて、

足のしびれと痛み

が出ます。

原因として考えられているのが、

神経の圧迫・伸張です。

脊柱管というのは背骨の中にある、

脊髄が通っている空間の事ですが、

その脊柱管が、

椎間板や、靭帯の肥厚、骨の変形などにより

狭くなって(狭窄)しまったことによって、

腰痛や、足のしびれや痛みがでるというものです。

非常によく出会う病気です。

 

足のしびれや痛みは、

歩行時に誘発されます。

間欠性跛行(かんけつせいはこう)といって、

歩いていると足にしびれや痛みがでますが、

少し休んでいるとしびれや痛みが治まる、

その繰り返しが起こる症状です。

また、腰を後ろに反らすと

腰痛や足のしびれや痛みが誘発されます。

腰を後ろに反らすことで、

脊柱管の狭窄が強調されてしまうからです。

2.脊柱管狭窄症の治療

 

脊柱管狭窄症の治療は、

腰痛治療と

足のしびれと痛みの治療になります。

腰痛に関しては、

腰を後ろに反らすのが苦手になっている状況ですので、

それを改善する為に、

股関節と骨盤の動きをよくします。

股関節と骨盤の動きがよくなることによって、

腰の動きを助けてくれますので、

後ろに反らす動作においても負担を軽減してくれるからです。

足のしびれと痛みに関しては、

腰痛治療との兼ね合いもありますが、

はり(鍼)治療が特に有効です。

はり(鍼)は痛みをとるのも得意ですが、

神経痛

といって、神経の障害によって表れるしびれや痛みにも

はり(鍼)は有効な治療法です。

このはり(鍼)を腰と下肢の症状が出ている部分に

関係するツボに打ち、

症状の改善をねらっていきます。

基本的には腰の問題が大きいと思われますので、

特に腰、骨盤、股関節を中心に施術していきます。

3.腰痛としびれを解消して歩ける身体に

 

脊柱管狭窄症が悪化すると、

足のしびれと痛み、間欠性跛行(かんけつせいはこう)によって

歩けなくなってしまうことがあります。

歩けない状況が続き、安静にしている時間が増えてしまうと、

体力が低下し、もっと状況が悪化する可能性があります。

廃用症候群にもなりえます。

寝たきり状態になってしまわないように注意が必要です。

鍼灸保険適応疾患には、

腰痛症

があります。

脊柱管狭窄症は腰痛症ととして捉えられますので、

健康保険を使っての治療が可能です。

また、神経の障害によって

足の筋麻痺関節拘縮も起こる可能性があるので、

その場合は、訪問マッサージでも健康保険が使えます。

詳しくは、無料お試し体験治療を行っていますので、

そちらを使っていただいた際に説明します。

随時受け付けていますので、

お気軽にご相談下さい。

 

一宮・稲沢の訪問マッサージ・訪問鍼灸

ご相談はこちらまで

 

お問い合わせ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です