脳梗塞後遺症の訪問マッサージ・訪問はり灸

脳梗塞 片麻痺 関節拘縮

愛知県一宮市の青葦【あおい】治療院・整体院

院長の加藤です。

*加藤のプロフィールはこちら

 

訪問マッサージ・訪問はり灸を利用される方の中でも、もっとも多いのが、

脳梗塞後遺症(脳血管障害)の片麻痺・関節拘縮

です。

訪問マッサージ・訪問はり灸は脳梗塞後遺症にも効果があります。

1.脳梗塞後遺症の片麻痺とは?

 

脳梗塞後遺症では、中枢神経である脳に損傷が起こり、

運動機能が低下してしまうケースが非常に多いです。

よくあるケースとして、身体の片半身が自由に動かせなくなります。

いわゆる、

片麻痺

という状態になります。

脳と末端の神経とのつながりが悪くなってしまったことで、

身体が自分の思い通りに動かなくなります。

さらに、片麻痺となり身体が自由に動かなくなってしまったことで、

関節が固まってきてしまいます。

これを、

関節拘縮

と言います。

長い間、身体を動かしていないと関節は自然と固まってきてしまいます。

脳梗塞後遺症では、

片麻痺、関節拘縮が引き起こされ、

日常生活を送るのに支障が出てしまいます。

2.片麻痺、関節拘縮への対応

 

では、脳梗塞後遺症の片麻痺と関節拘縮にはどう対応するか、ですが、

簡単に言えば、

筋肉、関節、神経に刺激を入れる

ことが必要です。

脳と末端のつながりが悪くなり、

脳からの命令が末端にうまく届かず、

腕や脚を使う機会が減ってしまい、

刺激が圧倒的に不足した状態になってしまっているので、

マッサージや筋力トレーニング、はり、灸で、

それらの部位に刺激を与えて、

末端側から筋肉、関節、神経を活性化させます。

末端から入った刺激は中枢である脳に届きますので、

結果、脳にも刺激が入り、

脳の機能を高めることにつながります。

ちなみに、脳梗塞後遺症では、

麻痺した部位に神経痛が出ることがありますので、

はり、灸の適応症状となります。

3.身体の機能的回復をねらって施術する

 

麻痺した部位が完全に元通りになるかというと、

なかなか難しいところですが、

訪問マッサージ・訪問はり灸を利用することで、

改善がみられるケースは少なくありません。

付け加えると、

身体の状態をより良い状態にもっていくことも大切ですが、

今より悪い状態にならないように現状を維持する

ことも大切です。

その為にも、マッサージ、はり、灸、筋力トレーニングなどのリハビリ

早期から行っていく必要があります。

特に、片麻痺、関節拘縮に対しては、

マッサージ、はり、灸と筋力トレーニングの組み合わせ

が有効です。

マッサージ、はり、灸で、血流や筋肉の柔軟性を出した状態で、

筋力トレーニングで身体の動きを引き出すことで、

相乗効果によって、より治療の効果が表れます。

日常生活を少しでも快適なものにする為に、

カトウ治療院では、筋力トレーニングなどのリハビリも、

積極的に取り入れています。

訪問マッサージ・訪問はり灸を必要とされている方は、

ほとんどが身体の機能が低下したことによって困っている方です。

少しでも多く身体機能を高め、

できるだけ自分の身体を使って生活できるように、

訪問マッサージ・訪問はり灸は力になることができますので、

脳梗塞後遺症など、

身体の悩みを抱えている方は、

お気軽にご相談下さい。

 

 

一宮・稲沢の訪問マッサージ・訪問鍼灸

ご相談はこちらまで

 

お問い合わせ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です