パーキンソン病の訪問マッサージ・訪問はり灸

パーキンソン病 マッサージ はり 灸

愛知県一宮市の青葦【あおい】治療院・整体院

院長の加藤です。

*加藤のプロフィールはこちら

 

訪問マッサージ・訪問はり灸を利用される方には、

パーキンソン病

を患っていらっしゃる方が少なくありません。

訪問マッサージ・訪問はり灸は、

パーキンソン病に対して効果があります。

今回はパーキンソン病に対して、

訪問マッサージ・訪問はり灸で何が出来るのか

を説明したいと思います。

1.パーキンソン病とは?

 

パーキンソン病とは簡単に言うと、

脳に異常が起きたことによって、身体の動きに障害が出る

病気です。

より具体的に言うと、

脳の黒質という部分が、

ドーパミンという神経伝達物質を作っているのですが、

その黒質が変性してしまい、

ドーパミンが正常に作られなくなっています。

その結果、身体の動きに制限が出たり、

自分の意思で動かしにくくなります。

例えば、手が震えるようになってしまったり、

歩くのが苦手になってしまったり、

姿勢を保つのが苦手になってしまったり、

日常生活を送る上でも、問題が出てきます。

訪問マッサージではこの状態を、

筋麻痺

と捉えます。

加えて、筋麻痺によって身体の動きが乏しくなってしまうことで、

関節拘縮

も引き起こされる可能性があります。

また、神経痛や腰痛が引き起こされることがありますので、

その場合は、はり、灸を利用することも可能です。

2.パーキンソン病への対応

 

では、パーキンソン病に対して何ができるでしょうか。

まず必要なことは、

出来るだけ自分の身体を自分で動かす練習をする

ことです。

脳や神経伝達物質の異常によって、

自分の身体が自分の思い通りにならなくなっているわけですが、

だからといって、

身体を自分でコントロールしようとすることをやめてしまうと

状態がさらに悪化しかねません。

どんな症状の人にも言えることですが、まず

今の状態を維持できるようにしつつ、今より良い状態に持っていく

ことを目指すべきです。

ですので、治療においてはリハビリが必須です。

筋力トレーニングと言い換えても良いです。

筋力トレーニングのよいところは、

身体を自分でコントロールすることを学べつつ、

最大筋力をアップさせられるということです。

身体の運動コントロールが苦手になり、

歩行も苦手になってしまいますので、

パーキンソン病は転倒のリスクも高いです。

その転倒の際にも筋力が高ければ、

転倒を予防できますし、

転倒から自分の身体を守ることにもつながります。

筋力トレーニングは脚を中心に行います。

下半身は身体の土台になる場所ですので、

やはり治療においても重要です。

そして、筋力トレーニングと合わせて

マッサージ、はり、灸を使うことで、さらに状態の改善が見込めます。

マッサージ、はり、灸の刺激が

筋肉、神経、関節を刺激し、

動かしやすい身体を作ってくれますので、

相乗効果で、パーキンソン病に対して有効な手段になります。

3.身体の動きを意識して変える

 

パーキンソン病は、現状において治る病気とは言われていませんが、

だからといって、何もできないわけではありません。

海外の話にはなりますが、

自分の身体の動きを修正するような運動をやり続けることで、

本来なら無意識に行っていた運動を、

意識的に行い、パーキンソン病の症状である、

突進歩行やすり足歩行などがみられなくなった、

という話しもあります。

それが全ての人に適応されるとは言えませんが、

パーキンソン病の症状が改善する可能性はありますので、

もしお困りの方がいらっしゃいましたら、

まずはお気軽にご相談下さい。

無料お試し体験治療も随時受け付けています。

 

一宮・稲沢の訪問マッサージ・訪問鍼灸

ご相談はこちらまで

 

お問い合わせ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です