アトピー性皮膚炎(脱ステロイド)と鍼灸

鍼灸治療のすゝめ

肌質を整えくれえる鍼(アトピー性皮膚炎)

アトピー性皮膚炎で鍼灸院をお探しの方、青葦【あおい】鍼灸院の加藤です。

・皮膚のかゆみが治まらない

・肌荒れが治まらない

・できるならステロイドから離れたい

・肌荒れが治らないことがストレス

といったふうにお悩みの方、鍼灸治療は試してみたでしょうか。

ステロイドと併用して鍼灸を

まず、大前提として

・ステロイド

は悪いものではない、ということです。

もちろん、ステロイドの副作用で身体に悪い影響が出ることはあるのですが、良い効果もあるから薬として処方されているわけです。

0から100かで明確にステロイドの良し悪しを決めるのではなく、良い効果もあるし、使いすぎる(適切な量ではない)と悪い効果が出る、というグレーな捉え方でステロイドと付き合ってください。

後述しますが、0から100かで物事を捉える思考は、自律神経的にも身体の『戦うか逃げるか反応』や『不動化(凍結)反応』を起こしやすくなり、それが結果として脂質の代謝などに影響を与え、肌荒れを誘発することもあり得るからです。

鍼灸治療などでアトピー皮膚炎のケアをしたい、というご要望があった場合は、極端に、一気にステロイドをやめることのないよう、助言しています。

保湿にも要注意

アトピー性皮膚炎の症状には、肌の乾燥などの肌荒れ症状が出ることがありますので、

・肌荒れには保湿が必要

という考えをもって保湿をしっかりしよう、と試みる方も多いですが、これにも注意が必要です。

アトピーにおいて、肌が乾燥したようになりガサガサした感じになるのは肌の治癒過程に起きるものです。

それが剥がれ落ちることで、その下にある新しい肌が表に出てきます。

そういった流れに対して保湿をしてまうことは、ガサガサした部分が自然に剥がれ落ちるのを阻害してしまいます。

だからといって、保湿が全く必要ないというわけではありません。

0か100かで判断しないようにしてください。

ステロイドと同じように、皮膚の状況に合わせて減らしていってください。

鍼が皮膚に与える好影響

では鍼がアトピー性皮膚炎に対してできることを紹介していきます。

・皮膚の炎症を抑える

・肌のターンオーバーを促す

・鎮痛作用によるかゆみの抑制

 

※現在更新中

 

▼LINE公式アカウントはこちら▼

友だち追加

口コミ投稿もよろしくお願いします

同じ症状でお悩みの方に声が届きますように。
 
↑↑↑ お問い合わせはこちらから ↑↑↑