【難病】筋ジストロフィーと鍼灸

難病の筋ジストロフィーは筋骨格の症状が出る

愛知県一宮市の青葦【あおい】治療院・整体院

院長の加藤です。

*加藤のプロフィールはこちら

一宮市と稲沢市の訪問マッサージ・鍼灸はこちら

 

指定難病113

筋ジストロフィー

筋ジストロフィーを鍼灸師の視点から考察してみます。

筋ジストロフィーとは?

筋ジストロフィーとは、

骨格筋の壊死と再生を主な病変とする

遺伝性の筋肉の疾患です。

 

原因となる遺伝子は50以上は解明されておりますが、

その詳細なメカニズムはまだ明確にはなっていません。

 

筋肉を構成するタンパク質が

損傷・異常を起こして、

筋肉の変性や壊死が引き起こされます。

 

筋ジストロフィーの症状は?

筋ジストロフィーの症状は

主病変が骨格筋の変性・壊死であることから

  • 運動機能の低下

が主な症状になります。

  

その運動機能の低下を分解していくと

  • 歩行障害(動揺性歩行、転倒しやすい)
  • 疼痛
  • 眼球運動の障害
  • 摂食・嚥下機能の低下
  • 姿勢異常
  • 変形性関節症
  • 呼吸障害

などの症状が挙げられます。

 

その他の症状として

  • 消化器症状(内臓機能の低下など)
  • 白内症
  • 心不全
  • 内分泌異常
  • 代謝異常
  • 難聴
  • 発達障害

などが挙げられ、

体内のタンパク質、産生されるタンパク質が

損傷や異常をおこしているので、

タンパク質が全身に存在する以上、

骨格筋以外の内臓などにも不具合が生じることになります。

 

筋ジストロフィーの針灸治療

筋ジストロフィーに対して針灸で何ができるか、

考察してみます。

 

筋ジストロフィーの症状に挙げられる

  • 変形性関節症
  • 疼痛
  • 内臓機能の低下
  • 呼吸障害
  • 嚥下障害

などの運動機能の低下やそれに伴う疼痛などの症状への対応は

針灸の得意分野です。

 

内臓機能の低下に関しても、

針灸は内臓の働きを整えてくれます。

  

運動機能の低下に対するアプローチと

内臓機能を高めるアプローチ、

それを行うだけでも生活の質(QOL)は高められると思います。

 

遺伝子の異常そのものに対しては針灸ではどうにもできませんが、

症状を軽減してQOLを高めていくというアプローチであれば、

十分可能だと思っています。

  

 

↑↑↑ お問い合わせはこちらから ↑↑↑

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。