糖尿病と鍼灸

一宮市の糖尿病の鍼灸治療

糖尿病の神経障害など

糖尿病と言えば、代表的な生活習慣病です。

※2型糖尿病。

糖尿病の症状としては

・神経障害(手足のしびれなど)

・易疲労感

・免疫力低下

・浮腫み易さ

などがあります(まだまだ沢山ありますが)。

 

根本的な原因としては

・インスリンが効きにくい(インスリンの抵抗性が高い)

・インスリンの分泌そのものが低下

になるのですが、その結果

・エネルギー不足(血糖を使えなくなる)

・循環不良(血管がダメージを負う)

が起き、様々な症状が出るわけです。

  

糖尿病に鍼灸ができること

糖尿病に対して鍼灸ができることを挙げる前に、

まずできないこと。

それは

・インスリンの分泌がなくなったものは戻せない

ということ。

鍼灸の力は0→1にするものではなく、

1→2、や1→5、にするといったものです。

つまり、無から有にすることはできないということです。

これは、自然治癒力を引き出すということが

身体が持っている力を引き出すということだからです。

無くなってしまったものは元には戻せません(私個人は特に、そう思っています)。

 

ですので、鍼灸でできること、やるべきことは

・今ある機能をできるだけ高める

ということ。

鍼灸で代謝や免疫を活性化させて

インスリン抵抗性を抑えたり、循環不良を改善する。

そうした中で、身体を作り変えていく。

そんなイメージを持って治療し、また治療を受けてもらいたい思っています。

 

糖尿病は長期戦

糖尿病自体が長い時間をかけて作られる症状です。

簡単に症状が改善する、とは思わずに向き合ってもらいたいと思います。

そして、できるなら鍼灸だけに頼るのではなく

生活習慣も一緒に改善してけると

より良くなる可能性は高まります。

そもそもが生活習慣が原因で引き起こされていますので。

体質改善は時間を必要としますが、

コツコツやっていくことが結果的に近道になると思っています。

 

 

  

↑↑↑ お問い合わせはこちらから ↑↑↑