腱鞘炎(ばね指)と鍼灸【名古屋、一宮、岐阜】

腱鞘炎ドケルバンと鍼灸 鍼灸治療のすゝめ

人間は指をよく使うので使い過ぎになりがち

美容師さんや介護士さん、調理師さんなど、職業的に指の力をよく使う方は特に

・腱鞘炎

・ばね指

などで悩むことがあると思います。

痛みだけでなく、動きも制限されるので日常生活にも支障が出る腱鞘炎やばね指、鍼灸だとどんな感じで施術していくのか紹介します。

患部を直接狙うのは痛いので

鍼は痛い部分に直接打つこともありますし、少し離れた部分に打つこともあります。

ただ、腱鞘炎やばね指は身体の末端部で感覚が鋭敏な部分なので、鍼を打った際の痛みも出やすいポイントです。

なので、まずは患部から離れたところからせめていきます。

前腕部から肘、肩と腕のねじれ具合を確認しながら鍼を打っていきます。

指の緊張や使い方で、腕のねじれが強くなりすぎているケースが多いので、そのねじれを解いて指の動きも整える形です。

それで症状が改善すればいいのですが、それでも改善しない場合は、患部に直接鍼を打つこともあります。

患部に直接打つことで鍼の痛みも強くなりやすいですが、そこは少々耐えていただくことになります。

鍼の痛みが厳しいようでしたら、整体で対応するのでそこは安心してください。

指や腕以外も施術する

そこまでやってみて、まだまだ良くならないようでしたら背骨や腹部を狙っての施術になります。

普段意識しないと思いますが、腕の動きには背骨の動きや腹部の固さなども影響します。

指の症状なので、指が気になってしまうと思いますが、実際には指だけが悪いのではなく肘や肩も悪くなっていることが多いです。

これをやったら腱鞘炎やばね指が治る、という決まったレシピはありませんので、身体の状態を観ながら、施術の効果を観ながらになりますので、よろしくお願いいたします。

  

ネット予約はこちら

 

↑↑↑ お問い合わせはこちらから ↑↑↑
タイトルとURLをコピーしました