メニエール病が慢性化した方は鍼灸を【稲沢市 鍼灸】

メニエール病が慢性化した方は鍼灸を【岐阜市 鍼灸】 | 青葦【あおい】治療院・鍼灸院 鍼灸治療のすゝめ

メニエール病の鍼灸治療【稲沢市鍼灸】

愛知県一宮市~岐阜の青葦【あおい】鍼灸院の加藤です。

・めまい

・吐き気
・難聴
・耳鳴り
といったメニエール病の症状でお悩みの方、当院にはそういった患者さんが多数来院されています。
多くの人がまだためしていないであろう、鍼灸治療がメニエール病の改善の効果が期待できます。
気になる方は、お気軽にご相談、ご予約ください。

メニエール病の治療のポイント

メニエール病の原因と言われているものは
・耳の中(内耳)にリンパ液が過剰に溜まる
ことだと言われいます。
つまり、リンパの流れを良くして溜まらないように、溜まりにくくすれば良い、ということなります。
そのためにやっておきたいことは
・耳の周りの筋肉、筋膜を緩めること
です。
筋肉や筋膜の周囲には血管(リンパ管)や神経が走っています。
その血管(リンパ管)や神経に対し、筋肉や筋膜が固まっていることがその働きを阻害します。
比較的よく知られているヘルニアという症状を想像すると分かりやすいです。
ヘルニアが神経を圧迫し症状を引き起こすように、耳の周りの筋肉などがリンパ管を圧迫し流れにくくし、その結果耳の中にリンパが溜まる、そのイメージでメニエール病の改善をすすめていきます。

メニエール病の治療部位

耳の周りの筋肉、筋膜にはちょうど耳の症状に効果の期待できるツボも多数ありますので、それもまとめて刺激します。
筋肉で表すのが分かりやすいので、それでねらう筋肉の例を挙げていくと
・胸鎖乳突筋
・側頭筋
・耳介筋
・斜角筋群
などをねらって鍼灸を使っていきます。
首のあたりは、整体のほうが合っていることもありますので、そちらも組み合わせて施術をすすめていきます。

首の前側、横側は手での施術【メニエール】

首の前側や横側にも鍼はできるのですが、患者さんが恐怖心を感じやすい部位でもありますし、過敏な部位でもあるので、手での施術を中心に行っていきます。

手で整える場所は、筋肉と筋肉の間です。

そこが治療ではポイントになります。

筋肉と筋肉の間には、大きな血管と神経が通っています。

そこの流れを整えることは、メニエール病にとって重要です。

メニエール病の改善には継続した治療が必要です。
少しでも良い変化があれば、それは大事な兆しになります。
良い変化を期待して、まずは鍼灸を試してみることをオススメします。
 

▼LINE公式アカウントはこちら▼

友だち追加

口コミ投稿もよろしくお願いします

同じ症状でお悩みの方に声が届きますように。
 
↑↑↑ お問い合わせはこちらから ↑↑↑