ヘルニアの鍼灸【一宮市の鍼灸院】

ヘルニアの鍼灸治療は一宮市の青葦治療院へ 鍼灸治療のすゝめ

オペをする前に鍼灸でヘルニアを

愛知県一宮市~名古屋市の青葦【あおい】治療院・整体院です。

鍼灸院に来られる患者さんには腰痛が多いのですが、その中には

・ヘルニア(腰部椎間板ヘルニア、頸部椎間板ヘルニア)

を患っている方はけっこういらっしゃいます。

ヘルニアそのものは治るものではないのですが、ヘルニアに伴う症状は治ることはありますので、諦めないほうがいいですよ。

鍼を使うことで改善が見られるケースもありますので。

※ここでは腰部椎間板ヘルニアについて書きますが、頸部椎間板ヘルニアにも適応できます。

ヘルニアそのものは治らなくても治るものがある

ヘルニアは椎間板の構造的な破綻で、元に戻るものではありません。

椎間板の中に入っているゲル状の髄核いうものが、それを包んでいるコラーゲン線維で出来た線維輪が破れて飛び出てしまった状態です。

飛び出た髄核は白血球が分解し身体に吸収されますが、髄核がその後新たに作られることはありません。

ですので、ヘルニア自体は治らないんですね。

なのですが、それはヘルニアの症状が治らないことを意味しているわけではないので安心してください。

ヘルニアの特徴に治すヒントが

ヘルニアはどちらかというと

・腰部の屈曲(前屈)

によって誘発されるとされています。

腰のカーブはまっすぐに立っている時は緩やかに伸展(後屈)しています。

これを

・腰椎の前弯(前へのカーブ)

としますが、この前弯のカーブが崩れていると椎間板自体への負担も増えてきます。

ヘルニアになる方は、腰椎の前弯を作るのを含めた腰部の動きのコントロールが苦手な人です。

もしくは腰部の動きが過剰すぎる人ですね。

そのあたりの改善をすることで自然と椎間板への負担が減りますし、ヘルニアによって悪影響を受けている神経(脚の痛みや痺れを引き起こしている)の作用も整えることが出来ます。

ヘルニア治療の目安

ただ、治療の目安としては

・腰部の前弯が整っているか

・腰部の筋肉に弾力があるか

というのをポイントにして治療することが多いです。

ですので、治療は

・腰への鍼

・お腹への鍼や整体

・背骨全体のバランスを整える

といったようなことをやっていくことになります。

お腹に関しては意外に思うかもしれませんが、お腹と腰は表裏一体なので腰の症状にはお腹は重要です。

ヘルニアの治療のイメージは、なんとなく分かっていただけたでしょうか。

ヘルニアも症状が慢性化するとオペを考える方は少なくないですが、それよりもまず鍼を試してみるのをオススメします。

加藤自身もヘルニアを持っていますが、鍼はしっかり効いてくれていますよ。

 

▼LINE公式アカウントはこちら▼

友だち追加

 
↑↑↑ お問い合わせはこちらから ↑↑↑
タイトルとURLをコピーしました